excitemusic

大工の苦悩の日々を告白
by wunkjeafsu
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

17年の4億「分からぬ」 小沢氏供述、不正資金が原資?(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意聴取に対し、平成17年3月に衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者(36)に預けたとされる4億円の原資について、「分からない」と供述していたことが28日、関係者への取材で分かった。石川容疑者も「詳しく思いだせない」と説明。特捜部は2人の供述は不自然として、17年の4億円もゼネコンなどからの不正資金が原資となっている疑いがあるとみて調べを進めている。

 小沢氏は23日の聴取後に配布した書面で、16年10月に購入した土地代金の原資4億円について、土地購入時に個人事務所に保管していた自己資金4億数千万円の中から貸し付けたと説明した。小沢氏の説明通りなら、土地購入後、小沢氏の手持ち資金は数千万円しか残っていないことになる。

 ところが、石川容疑者は17年3月にも小沢氏から4億円を預かったと供述。関連政治団体を経由させるなどして陸山会の1口座に集約した後、小沢氏の要求で5月に全額を引き出して返していたという。この4億円も政治資金収支報告書に記載されていない。

 関係者によると、特捜部が17年の4億円の出どころについて、小沢氏にただしたところ「分からない。知らない」などと供述。石川容疑者も「詳しい経緯は思いだせない」と供述する一方、接見した弁護士に「分からないから困っている」と話しているという。

 事件をめぐっては、水谷建設元幹部らが、16年10月と17年4月に国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県)工事受注の謝礼として、小沢氏側に計1億円の裏献金を渡したと供述している。

 特捜部は4億円もの資金について「分からない」とする小沢氏と石川容疑者の供述は不自然とみており、17年の4億円についても不正資金が原資になった疑いがあるとみている。

<人工歯根>豊橋市保健所に問い合わせ殺到 使い回し疑惑で(毎日新聞)
【KANSAIハヤ耳】農事組合法人「ラッテ・たかまつ」 古代の乳製品「蘇」(産経新聞)
文民統制を強化へ、防衛省改革で検討チーム(読売新聞)
65年後の被爆手帳、魚雷艇の元特攻兵に(読売新聞)
<掘り出しニュース>牧場の扉、基地…新幹線の駅名にも−-地名の「戸」の由来って何?(毎日新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-30 15:33

秋葉原殺傷・加藤被告、胸の内語るか…初公判(読売新聞)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員・加藤智大(ともひろ)被告(27)の初公判が28日、東京地裁で開かれる。

 社会で孤立感を深め、携帯サイトの書き込みさえ無視されたと感情を爆発させたとされる加藤被告。昨年11月、被害者と遺族にあてた手紙には、「どうせ死刑だと開き直るのではなく、すべてを説明しようと思っています」とつづっており、法廷で犯行に至った胸の内をどこまで語るかに注目が集まる。

 事件で大学生だった一人息子(当時19歳)を亡くした千葉県の男性会社員(55)は、「被告の深層心理や事件の背景を確かめたい。それが息子の供養になるはず」と、初公判傍聴を決意した。

 08年6月8日の夜、現場近くの施設で、すでに息を引き取っていた息子と対面した。ひつぎの窓から顔をのぞくと、鼻やほおには血の跡が残っていた。「守ってあげられなくて申し訳ない」。妻もショックを受け、一時は自宅から出られなくなった。

 息子の部屋の机やパソコンは、あの日のまま。小さなテーブルの上に、遺影と位牌(いはい)を置き、朝晩手を合わせる。

 昨年11月中旬、加藤被告から謝罪の手紙が届いた。「私の罪は万死に値する」。そうつづられた手紙を見て、「少しは人間らしい心を取り戻したのか」と感じた。だが、「事件の記憶がほとんどない」と書いてあるのを見ると、再び激しい怒りがこみ上げてきた。「あれだけの人を殺して、忘れていいわけがない」

 公判は可能な限り傍聴を続け、遺族としての意見陳述を行う。「どんなに謝罪されても、息子は戻ってこない。なぜ君だけ生き続けているのか」と訴えるつもりだ。

 ◆責任能力 最大の争点◆

 加藤被告は起訴事実をほぼ認めており、最大の争点は責任能力となりそうだ。捜査段階の精神鑑定結果などから完全責任能力があったとする検察側に対し、弁護側は「何らかの精神障害で心神喪失か心神耗弱の状態にあった疑いがある」と主張し、再鑑定を求めている。

 同地裁などによると、弁護側が供述調書の証拠採用に同意しなかったため、検察側証人は被害者や目撃者ら36人に上り、弁護側証人も加藤被告の母親や友人ら6人が出廷する。「加藤被告とは同じ空気を吸いたくない」として出廷に難色を示した被害者もいたというが、負傷した10人全員が出廷することになった。

 8月までに22回の公判期日が指定されており、同地裁が再鑑定を認めなければ、年内にも判決が言い渡される見通しだ。

【剛腕の威光】(5)小沢氏側近逮捕 東北の談合 「献金は、みかじめ料」 (産経新聞)
ハイチに陸自部隊を派遣、復旧活動に参加(読売新聞)
地下鉄線路内に男性遺体 千日前線・鶴橋駅(産経新聞)
<脅迫容疑>交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪(毎日新聞)
信念貫き頑張る=民主党の小沢氏(時事通信)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-29 03:33

auでシステム障害、店頭手続きがストップ(読売新聞)

 KDDIの携帯電話auの業務システムで25日深夜に障害が発生し、26日午前から、店頭での新規加入の申し込みや解約などの各種手続きの多くができない状態となった。

 午後3時に復旧したが、手続き業務の大半が停止する大規模なトラブルは初めてといい、同社で原因を調べている。

 店頭では、機種変更の申し込みや故障・修理の受け付け、料金支払いなども含め、受け付け業務の大半が処理できなくなった。コールセンターや携帯電話のインターネット「EZweb」を通じて行う手続きの一部もストップした。電話やメールなどの通信に支障はなかった。

 KDDIは一部の手続きについて、利用者からの申し込みを預かった上で、復旧後に事後処理する対応をとったという。

<小沢幹事長>聴取後に行った記者会見の要旨(毎日新聞)
衆院代表質問における主なやりとり 鳩山首相、元秘書起訴「決着した」(産経新聞)
ペルー人少年の在留認める=脳腫瘍手術、国外退去訴訟−東京地裁(時事通信)
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す(産経新聞)
鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」(産経新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-28 04:16

「ごめんなさい…」執拗な取り調べにすすり泣く菅家さん(産経新聞)

【足利再審 テープ再生(2)】

 《すすり泣きを続ける菅家さん。検事の追及は厳しく、そして、「足利事件」にも言及が及ぶ》

森川検事「(長谷部)有美ちゃんの事件(別の女児殺害事件)は違うと言うんでしょう。最初に捕まったときの(松田)真美ちゃんの事件(足利事件)はその通りなの?」

菅家さん「…」

森川検事「間違いない?それは」

菅家さん「…」

森川検事「あのね。ずるい気持ちを起こさないでほしい」

菅家さん「はい」

森川検事「僕は、君からどんな返事を聞かれようが、驚くつもりはないし、別に怒るつもりもないし」

菅家さん「はい」

森川検事「真美ちゃん事件はどうなの? 有美ちゃん事件は違うの?」

菅家さん「…」

森川検事「本当のことを知りたいと思っているわけだよ。君からどんな答えが出てこようが、怒るつもりはまったくないし、驚きもしないよ。有美ちゃんの事件は違う? 君はやってないの? やったのか、やってないのか。有美ちゃんのほう」

菅家さん「…」

森川検事「本当のことを知りたいと言ってるだけで、今まで話した通りに話をしろと言ってるわけじゃない。今まで話したことが正しいのであれば、その通り話してもらえればいいし。今まで話したことが事実と違っていると言うなら違うと言ってくれて構わないんだし」

菅家さん「はい」

森川検事「有美ちゃんの事件は、君がやったの?やってないの? 本当のところはどうなの」

菅家さん「やってません」

森川検事「で、もう1回聞くけど、真美ちゃんの事件はやったの?」

菅家さん「…」

森川検事「そしたらね、有美ちゃんの事件ね。やってないのに、やったと警察で話したのはなぜなんだろう」

 《ここまでテープが再生されたとき、突如、菅家さんは手を挙げて体調がすぐれないと申し出た。菅家さんは足早に退廷し、別室で休憩。約20分後に再開された》

 《取り調べは引き続き検事の執拗(しつよう)な追及が続いている》

菅家さん「すみません」

森川検事「うん」

菅家さん「ごめんなさい」

森川検事「どうしたんだ」

菅家さん「…」

森川検事「本当はやったのか君? うん、うん」

菅家さん「うー」

森川検事「本当は君がやったのか? 有美ちゃんの事件も」

菅家さん「(泣き声)」

森川検事「やっぱりそう。有美ちゃんの事件やったの? そうだね」

菅家さん「(泣き声)」

 《検事の問いに、すすり泣きの中、はっきりとした言葉では答えられず、沈黙する菅家さん。森川検事は諭すような口調で質問を続ける》

森川検事「なんか君を違うことを言うようにし向けたのかもしれないしね。僕の言葉に乗っちゃったのかもしれないからさ。あえてうそをつかしたんだったら、僕のほうが悪いんだけども。僕にも悪いところがあるんだけども」

菅家さん「…」

森川検事「なに、さっきの僕の言葉で助かるんじゃないかという気持ちがあったわけ? 違うの?」

菅家さん「…」

森川検事「思いだすのも嫌だった?」

菅家さん「はあー」

森川検事「罪が重くなると、助かるもんなら助かりたいという気持ちになったのかな? いや、なってもいいんだよ。それは誰だって、そういう気持ちになるし。そういうことなら、それとも別の理由があったのかな? どっちなの?」

菅家さん「口べたで、よく分からないんですけど」

森川検事「じゃあ、逆に聞くけども、いったんね、自分がやってないというふうに話したのにね、さっきだよ、なんでまたごめんなさいなんて言ったのさ。認める気になったの?」

菅家さん「…」

森川検事「僕はね、そんときは間違いじゃないかとかね。認めないとかいう言い方は全然してなくて。警察が怖かったとか、そんな話をね、なんか聞いたつもりなんだけど。なんで、さっきまた認めようって気になったの?」

菅家さん「警察のほうでですね、その通りだと話してて」

森川検事「やっぱりうそつけない?」

菅家さん「はい」

 《菅家さんはいったんは有美ちゃん事件を否認しながら、検事の取り調べに「自白」する。話はもう1つの女児殺害事件である福島万弥ちゃん事件へと入っていく》

森川検事「もう1つ聞くけどね、万弥ちゃん事件ね」

菅家さん「はい」

森川検事「神社の所で誘って、墓地に連れて行ったというやつ」

菅家さん「はい」

森川検事「あれも間違いない?」

菅家さん「ん、自分ではそう話しましたけど」

森川検事「ん。話しましたけどって何?」

菅家さん「…」

森川検事「ん、うなずいているのは間違いないの?」

菅家さん「はいそうです」

森川検事「違うと言ってもらえばいいわけだし、ねえ、事実のとおりだったらそのとおりだといえばいいし、ねえ、ただ僕も正直な、本当のことを知りたい」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「本当のことを、ねえ」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「この万弥ちゃんの話、もう1回聞こうか、ねえ」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「返事がないわけか、どうした」

菅家さん「自分です」

森川検事「やった?」

菅家さん「はい」

森川検事「そういう風に勇気がいるのか」

菅家さん「(沈黙)」

森川検事「君の口からはすぐには返事が出てこない」

菅家さん「はい」

森川検事「僕も君から調書を取って、そのとおりですと、すぐに答えが返ってもいいように思うけどね。そうですと、今答えるのにだいぶ間があるわけ」

菅家さん「…」

森川検事「やっぱり迷うね。勇気がいるかな。こうやって話すの。どうだい」

菅家さん「はい」

森川検事「そうなんだね」

菅家さん「ええ」

 《検事の取り調べに沈黙を重ねる菅家さんも、万弥ちゃん事件についても、ついに「自白」する。検事は警察での取り調べの様子に話題を変える》

森川検事「警察の取調官の印象は」

菅家さん「好きですね」

森川検事「好き? 遠慮したくていいよ」

菅家さん「遠慮じゃなくて。自分の気持ちを分かってくれるような感じなんですよね」

森川検事「真美ちゃんの事件もそうだし、万弥ちゃんの事件もそうなんだけど、警察の調べ方は何回も聞いているよね。押しつけてくるような言い方はされなかったの」

菅家さん「なかったと思います。『やったんだろ』『わかってる』とかは言われましたけれど」

森川検事「脱線しちゃったけど、『やってません』というときの気持ちと『やった』というときの気持ちは違うでしょ」

菅家さん「はい」

森川検事「ね。やってないと話したときは、どっかにわだかまりがない」

菅家さん「はい」

森川検事「やっぱあるか。あのね、有美ちゃん事件でもう1回聞くけど、警察で最初に(有美ちゃん事件について)話したのは12月20日でしょ。自分で何か書いた?」

菅家さん「自分では地図を書いたような気もします」

森川検事「最初に声をかけてから、最後はこの場面?」

菅家さん「山の」

森川検事「あの地図は記憶のまま書いたの?」

菅家さん「はい」

森川検事「記憶ないまま当てずっぽうで書いたのもあるだろう」

菅家さん「あてずっぽうはないと思います」

森川検事「じゃあ、有美ちゃん事件で警察を現場に案内したよね。あれがいつか覚えてる? 覚えてないか」

菅家さん「20日ごろですか」

森川検事「そうするとね、現場を案内する前に有美ちゃん事件に関して地図とか写真見せられた? 警察に例えばここから死体があったんだとか、パチンコ屋とか。写真でもいいし、地図でもいいし」

菅家さん「見せられたことはないです」

森川検事「地図書いたり図面書いたりして説明してるでしょ。あれは見せられないで書いたわけ?」

菅家さん「はい」

森川検事「穴を掘って埋めたと言ったよね。警察から聞いたの?」

菅家さん「いえ」

森川検事「深さや大きさも説明したでしょ。警察から説明受けてないの?」

菅家さん「受けてません」

森川検事「記憶だけで?」

菅家さん「はい」

 《検事は菅家さんが警察の取り調べで説明した現場の状況などを、記憶に基づいた説明かを問いただしていく。菅家さんは有美ちゃんの着衣や真美ちゃんの着衣についても、記憶のみで説明したと話す》

森川検事「じゃあね、本当は自分がやっていないのに、やったように説明したことはない? 警察に怒られそうな気がして言っちゃったとか。理由は何でもいいんだけど。ない?」

菅家さん「はい」

森川検事「ふーん。君のいないところで調書を書かれたことはあるかい」

菅家さん「ないです」

森川検事「君が認めた、話したことが文書になってると考えていいのかな」

菅家さん「そう思います」

 《検事は、警察での自白や供述調書が、菅家さんの任意によることを確認した》

【関連記事】
「何ですか警察は怖いですしね」菅家さん自白の心境 
足利再審、生々しい取り調べの再現 菅家さん気分悪くなり休廷
取り調べテープ再生 菅家さん気分悪くなり休廷 足利再審
足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う 
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える

小沢幹事長 「自らの信念通す」 党大会でのあいさつ(毎日新聞)
東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
<小沢幹事長>「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文(毎日新聞)
河村前官房長官への告発状を提出 東京地検に 大阪の弁護士 機密費引き出し(産経新聞)
原発放射線管理区域内に吸い殻…原電と関電(読売新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-26 09:36

「核廃絶へ大きな一歩」と被爆者=米大統領と市長の面会評価−広島(時事通信)

 オバマ大統領が秋葉忠利広島市長との面会で、広島に行きたいとの意向を伝えたことを受け、原爆で大やけどを負った平和記念資料館(広島市中区)の元館長高橋昭博さん(78)は、「核廃絶への大きな一歩」と評価した。その上で「できれば8月6日の平和記念式典に出席して、プラハで行ったような演説をしてもらいたい」と期待を語った。
 広島県原爆被害者団体協議会の理事長金子一士さん(84)も「面会は非常に有意義だ」と賛辞を贈るとともに、「5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議への大きな後押しになる」と話した。
 大統領の広島訪問については、「(米国)国内の事情を踏まえて考えないといけない」と慎重な見方をしながらも、「広島を訪れるのであれば歓迎するが、被爆者には直接謝罪をしてもらいたい」と注文を付けた。 

【関連ニュース】
救済法の成立後、初の終結=原爆症、原告側が控訴取り下げ
「被爆天主堂」写真集刊行へ=70点収録
「平和」「希望」のメッセージ世界へ=広島で短編映画祭
米大使、原爆資料館を訪問=「核なき世界の重要さ認識」
米大使、原爆資料館視察へ=慰霊碑に献花も

<枕崎市長選>神園征氏が返り咲き 現職を破る(毎日新聞)
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも−患者団体(時事通信)
第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
首相動静(1月15日)(時事通信)
名護市長選 新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-25 12:54

<阪神大震災>発生から15年の朝 さまざまに鎮魂の祈り(毎日新聞)

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から15年の朝を迎えた。被災地では、さまざまな追悼行事が行われ、鎮魂の祈りがささげられた。

 神戸市中央区の東遊園地で開かれた「1・17のつどい」(実行委主催)には早朝から約8000人(午前7時現在)が参加。「1・17」の形に並べられた約1万本の竹灯籠(とうろう)にともされた炎が闇夜に揺れる中、午前5時46分、一斉に黙とうし、犠牲者へ思いをはせた。

 弟(当時22歳)を亡くしたゴスペル歌手、森祐理さんが「しあわせ運べるように」を独唱、歌声が寒空に響き渡った。祖母(当時85歳)を亡くした神戸市北区の下浦裕美さん(49)は遺族代表として追悼のことばを述べ、「震災は多くの大切な生命、大切なものを奪ったけど、大切なことも教えてくれた」と語った。また、震災で後遺症を負った震災障害者と、その家族は矢田立郎・神戸市長と対面、15年間の思いをつづった手紙を手渡す。

 神戸市中央区の兵庫県公館では正午前から、「ひょうご安全の日推進県民会議」主催の追悼式典があり、皇太子ご夫妻や鳩山由紀夫首相が参列する。震災の教訓を後世に伝える神戸震災復興記念公園も同区で開園する。

<浄土真宗本願寺派>「自殺防止センター」を設立(毎日新聞)
巡査長が捜査書類破棄=容疑で書類送検、停職−愛知県警(時事通信)
阪神大震災 命の重み受け止めた生徒たち(産経新聞)
<新聞労連>毎日新聞の視覚障害者擁護の報道が優秀賞に(毎日新聞)
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-23 17:56

被害額100億円下回る=検挙率は77%に急上昇−09年振り込め詐欺・警察庁(時事通信)

 2009年に全国の警察が認知した振り込め詐欺の被害総額は、前年比180億1527万円(65.3%)減の95億7912万円となり、約3分の1に激減したことが21日、警察庁のまとめで分かった。被害総額は統計を取り始めた04年以降5年連続で250億円を超えていたが、一気に100億円を下回った。
 認知件数も64.2%減の7340件と大幅に減る一方、検挙件数は28.8%増の5669件となり、検挙率は前年の21.5%から77.2%に上昇。09年の刑法犯全体の検挙率32.0%を大きく上回った。
 同庁は「警察の総力を挙げた取り締まりと、官民一体の予防活動で目に見える成果を上げることができた」と評価。その上で、「依然として活発に活動する詐欺グループがあり、撲滅に向けた対策を粘り強く継続、強化する」としている。
 被害額が最も多かった手口は、息子や警察官を装う「おれおれ詐欺」の52億266万円(66.5%減)。次いで架空請求詐欺の31億8230万円(11.4%減)、融資保証金詐欺の9億4976万円(74.7%減)と続いた。 

【関連ニュース】
振り込め被害8500万か=容疑で男2人逮捕
「正義の力、警視庁」=犯罪の質変化に対策を
携帯電話抑止装置を設置=共同ATMで全国初
詐欺被害金返還名目で送金要求=「預保と関係」かたる団体
警視総監に池田氏=米村氏が勇退

ネット調査 7割「小沢氏、議員辞職を」(産経新聞)
<人事>警察庁(18日)(毎日新聞)
<火災>別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
岐阜ヘリ墜落 知事が事故当夜に宴席 女性幹部との懇親会(毎日新聞)
<陸山会土地購入>地検捜査巡りシンポ(毎日新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-23 01:12

阪神大震災 神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から15年を迎えた。被災地では早朝から、さまざまな追悼行事があり、鎮魂の祈りがささげられた。「ひょうご安全の日推進県民会議」主催の追悼式典には、皇太子ご夫妻と鳩山由紀夫首相も出席。防災行事も各地であり、大きな犠牲を払った教訓を生かし、災害に強いまちづくりを目指す決意を新たにした。

【写真特集】写真で見る 阪神大震災から15年目

 神戸市中央区の東遊園地では午前5時から「1・17のつどい」(実行委主催)が開かれ、約5万2000人(午後5時現在)が参加。15年の節目であるとともに、日曜だったこともあり、昨年より1万3000人多かった。

 「1995」「1・17」の形に並べられた約1万本の竹灯籠(とうろう)にともされた炎が揺れる中、地震が発生した午前5時46分、一斉に黙とうした。弟(当時22歳)を亡くしたゴスペル歌手、森祐理さんが復興応援歌「しあわせ運べるように」を独唱、参加者も口ずさみ、寒空に歌声が響き渡った。

 祖母(当時85歳)を亡くした神戸市北区の下浦裕美さん(49)が遺族代表として追悼の言葉を読み上げ、「震災は多くの大切な生命、大切なものを奪ったが、大切なことも教えてくれた」と訴えた。

 「ひょうご安全の日推進県民会議」主催の追悼式典は同市中央区の兵庫県公館を主会場に行われた。皇太子さまは「助け合い、安全で安心して暮らせる地域づくりを期待する」と語った。鳩山首相は「万全の備えをし、命を守ることは政治の大きな役割」と防災対策の充実を誓った。現職首相の参列は小渕恵三首相(当時)以来10年ぶり。【震災取材班】

【関連ニュース】
【写真特集】阪神大震災を写真で振り返る
【写真特集】震災前の神戸を貴重な写真で
【写真特集】阪神大震災直後の写真、消防が公開 800点展示へ
【写真特集】カリブ海のハイチで大地震 被害拡大、救援進まず

荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
「逃げないと思う」首相、小沢氏に説明責任促す(読売新聞)
<センター試験>札幌、江別で理科1時間繰り下げ 大雪で(毎日新聞)
過去問、機器とも再利用=センター試験(時事通信)
<八ッ場ダム>地元意見交換会、24日に開催…国交相発表(毎日新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-22 03:43

<コンビニ強盗>景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ(毎日新聞)

 全国の警察本部が昨年1年間に認知したコンビニ強盗は896件(前年比46.6%増)で、統計を取り始めた04年以降最多となったことが警察庁のまとめで分かった。強盗全体でも4514件(同5.5%増)で、治安の目安とされる重要犯罪・重要窃盗犯の10罪種中、大きく増えたのは強盗だけだった。一方、殺人は1097件(同15.4%減)で、戦後最少となった。【長野宏美】

 コンビニ強盗の都道府県別の認知件数は、最多が愛知で112件、次いで大阪106件、東京93件だった。最少は鳥取のゼロだった。「お金がなかった」などの動機が目立ち、景気悪化が影響しているとみられる。

 罪種別では、大半の犯罪が08年に比べ減少傾向にあり、なかでも殺人は通り魔事件の相次いだ08年から200件も大幅に減少、戦後最少だった07年の1199件を下回った。重要犯罪・重要窃盗犯でみると、強盗以外で増えたのは、156件を記録した略取誘拐・人身売買(同0.6%増)だけだった。

 詐欺や横領などの知能犯は2万222件減の5万3030件(同27.6%減)。詐欺は1万9260件減と大幅に減少、4万5167件(同29.9%減)だった。

 特に振り込め詐欺は前年の3分の1程度となった。

 また、刑法犯全体の認知件数は170万3222件(前年比6.3%減)。戦後最悪だった02年の約285万件をピークに、7年連続で減少した。検挙率は前年比0.5ポイント改善し、32%だった。

 【ことば】重要犯罪・重要窃盗犯

 警察当局が治安情勢を観察する際の指標。重要犯罪は▽殺人▽強盗▽放火▽強姦(ごうかん)▽略取誘拐・人身売買▽強制わいせつ。重要窃盗犯は▽侵入盗▽自動車盗▽ひったくり▽すり。

【関連ニュース】
警察庁長官:貴金属店に防犯指導、実施を表明
リンゼイさん事件:警察庁が懸賞金支払い…4人に1千万円
警察庁:爆発物原料の管理対象を拡大
サイバー攻撃:国内の8台関与 警察庁確認
オウム被害者救済法:対象者の8割が給付金申請 警察庁

再診料と外来管理加算、時間外対応なら配慮―足立政務官(医療介護CBニュース)
省庁のホームページ “シミュレーション”もので広報効果アップ(産経新聞)
<盗撮>郵便局長を逮捕 電車でスカート内撮影の疑い(毎日新聞)
直木賞に佐々木譲氏、父子受賞の白石一文氏(読売新聞)
<くぎ落下>高架下の車直撃、男性けが 名古屋(毎日新聞)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-21 11:23

同行番記者の質問拒否=「政局絡みの話は中央で願う」−小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市で行った記者会見で、地元記者の質問は受けたものの、東京から同行した「小沢番」記者に対しては「中央の政局絡みの話は中央で質問願う」と述べ、質問を拒否した。
 党幹事長室は同日の記者会見について「役員会後の定例記者会見を兼ねる」とし、同行記者団の質問も受けると事前に通知していた。
 小沢氏は「東京で会見を拒否しているわけではない。きょうはそういうあれではないから」と理由を説明。記者会見の目的が参院選福井選挙区の候補者発表が中心とはいえ、こうした記者対応には批判が出そうだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点−名護市長選(時事通信)
皇居で「講書始の儀」(産経新聞)
<トラフグ>水温調節だけでオス化する技術 近畿大研が開発(毎日新聞)
スキー事故、高崎市課長死亡=コース移動中に転落−長野(時事通信)
[PR]
by wunkjeafsu | 2010-01-20 15:33